macあるし(ipad2もあるし)

    mac、ipad2のテクニックをメモしていきます

     


    Category: スポンサー広告   Tags: ---
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ザ・ゴール/エリヤフ・ゴールドラット、 三本木 亮


    Category: [書籍]   Tags: ビジネス本  
    The Goal(和訳版)を読みました。 すごい分厚い本で見た目は専門書のような装い。
    中身はケーススタディっぽいストーリー仕立てになっていて非常に腑に落ちる。
    (強いて言うと主人公と嫁のアメリカ的なサブストーリーは読み飛ばしました)


    [序章]


    納期遅れが日常化した工場。ひどいものだと4週間も遅れている
    人が足りない?機械が古い?そもそも目標が高すぎる?
    いずれにしても、日々発生する顧客からの納期遅れのクレーム。
    クレームに対応するために現場の予定は有って無いが如し。
    主人公である工場長アレックスの机には現場からのメッセージの山。
    当然のように経営状況も良くない。このままでは工場はあと3カ月で閉鎖と告げられ。
    アレックスは大学時代の講師ジョナに助けを求める。

    [現場]


    現場のファクトはこうだ。
    ・工場の中には大量の仕掛品(未完成の在庫)
    ・好きに休憩する時間労働者
    ・プロセス単位での重要度づけはされておらず、すべてが平等に同じ位置づけとされている。
    ・現場はストレスから辞める。さらに辞める際には機械を破壊していくという有様。

    [目標(Goal)]


    「本当に必要なこと、目指すものははなにか。目標(Goal)は何か」
    ジョナは【お金を儲ける】という目標とこれを評価するために3つの指標を示す。 それは「スループット」、「在庫」、「業務費用」である。定義は以下の通り。

    「1.スループット」・・販売を通じてお金を作りだす割合
    「2.在庫」・・販売しようとするものを購入するための金額
    「3.業務費用」・・在庫をスループットに変えるために費やす金額。合わせて、投資金額と経費金額の判断をすることにそれほど意味がない事も混乱するとして告げられている。

    これらはそれぞれ相関があり、1つだけを取り組む事にはそれほど意味がない。 つまり、「スループットを高め、在庫、業務費用を減らす」ということは総合的に行う必要がある。
    ※尚、本書では会計上の帳簿をどうしたかについては記載されていない。在庫は資産でなく負債であると言及されている程度である。

    [具体的な改善プロセス]



    本書ではボトルネックとなっているロボットⅩがあった。ほぼ8割のパーツがそのロボットを通る必要があるが1台しかないため、処理能力のバランスが取れておらずボトルネック化していた。まずは、「ボトルネックが1時間停止する事」は「工場全体が停止しているものと同じこと」である。つまり大きな金額的損失であるとした。 そして、ボトルネック周りの人員は休みを無し(ロボットⅩが停止しないように常時監視)、ロボットⅩに不要な処理をさせないように検査工程をロボットⅩの前に移動、ロボットⅩが使用するパーツは前工程での処理優先順位が高くなるようにした。

    このプロセスを並べると以下の通り
    STEP1:「制約条件」(ボトルネック)を見つける
    STEP2:「制約条件」をどう活用するか決める
    STEP3:他のすべてを「2」の決定に従わせる
    STEP4:制約条件の能力を高める
    STEP5:ここまででボトルネックが解消したらSTEP1に戻る。ただし、惰性を原因とする制約条件を発生させてはならない。

    [所感]


    本書は「思考プロセス」をどう決めていくか記載されたものである。
    これは「テクニックを考える」ではないということは本書中でもジョナが言っている。つまりその前段である。
    とすると、実は本書は生産管理の話以外にもそのまま適用できるのはないかと思う。
    実は「人+ロボット(PC)で業務を行う」というのはどこも変わらないからである。
    (逆に言うと大きなアクター自体は本書が記載されてからここ50年はそれほど変わっていないということである)

    上記に記載したSTEP1~5をそのまま使って日常の業務が効率化できないか。きっとできるであろう。
    とはいえ、難しいのはSTEP3。ここで金額を出したりとか不毛なやり取りが必要であり、一応重要である。 (たとえば、他のすべてを従わせることで他の儲けを減らすのではないかという指摘が(思いつきのように)出て議論になるからである
     ※実はボトルネックの決定の時点でそれも踏まえて決めるので本当はこの議論は不要とするべき。)
    なので、STEP1、STEP2、STEP3はまとめたほうが出しやすいかなと思った。

    ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
    (2001/05/18)
    エリヤフ・ゴールドラット

    商品詳細を見る
    .

    テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌


    Comments

    Leave a Comment



    04 2017
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    03

    05


     
    AmazonAd by macあるし
     
    googleAd by macあるし
     
     
     
    FC2ブログランキング
     
    ipad people
     
    プロフィール

    eveer

    Author:eveer
    FC2でこそこそおこなう共作ブログ
    ipad2とか、macの話題が多いと思います(メモなので)

    よろしければtwitterもフォローを!

     
    twitter 純正
     
    人気記事
     
     
     
     
    全記事表示リンク
     
     


    Archive   RSS   Login

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。